新型コロナウイルス発生時の消毒について。

増加の一途をたどっている新型コロナウイルス感染症の消毒作業ですが、弊社では、24時間365日対応をさせて頂いております。

弊社の作業方法ですが、日本除菌脱臭サービス協会推奨の【Re-Bron】方式にて行っております。

詳細は、先ず陽性者の行動パターンや生活様式から汚染危険度を考えて、建物をゾーニングします。ゾーニングとは建物を全て封鎖してそこでの社会活動をすべて停止させるのではなく、感染リスクの高いレッドゾーンと中程度のイエローゾーンそして感染リスクが非常に低いグリーンゾーンに分けることでグリーンゾーンでの社会活動を行える様にする事です。

実際の消毒作業ですが、高濃度のオゾン発生装置を使用して燻蒸する事で室内の新型コロナウイルスを不活化させ、作業者の安全性を高めたうえで、汚染度の高い箇所等を加速化過酸化水素を一定量配合した特殊薬剤で拭き上げていきます。また拭き上げ作業は一方向に行う事で、清浄箇所の再汚染を防ぎます。

また何故オゾン燻蒸で新型コロナウイルスが不活化するのかですが、それは新型コロナウイルスがその他芽胞菌よりもオゾンによる酸化に耐性がない事等が影響していると思われます。

そしてその様な作業を行った空間は、空気中の生成物も不安定化してしまうので、善玉菌を空中に噴霧することで、最終的に空気中の生成物も安定させます。

この作業方法は昨年ダイヤモンドプリンセス号の除染作業にも用いられた方法であり、なおダイヤモンドプリンセス号の作業員からは新型コロナウイルスに感染した者は出ませんでした。

このように正しいやり方で、消毒作業を行えば、正しい結果が得られ、また作業員の安全も守る事ができます。

今もなお増加傾向にある新型コロナウイルス感染症が早くに終息することを願いながら、消毒作業に今後も打ち込んで行きますので、ご依頼等御座いましたらご連絡頂ければと思います。

 

株式会社ピースクリーン


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください